英語を習得しても使う機会がないのが玉にキズ

英語を学んでも使うことがまるでありません。外国人と接することはないし、宣伝や商品名や会社名が英語になっているだけです。YAMAHAとあって、読めない人はほとんどいないでしょう。

ヤマハと読むだけです。ただローマ字にしているにすぎません。Mcdonald’s QUALITYというのを読めなくても、その上のほうに日本語で250文字ぐらいで、書いてあります。古本市場BOOKS GAME CD DVD VIDEO これら誰でも読めるはずです。あちこちに英語はあるけれど、どれも中学生でわかるようなことが多く、とくに英語を使う場面はないのではないか。

それでも、小学生から英語を学ぶべきと、早期から義務教育化しようとしています。それで効果があるのかどうか。おおよそ使わないのは高校以降の英語で、誰でも学ぶ必要はないように思います。

英語を話せるようになるのは、ほんの一部の人だけです。日本では日本語を読んで話すことが多く、英文を読むことがないし、読まなくても日本語も書いてあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です